←トップ頁へ

検索名  イエロー・カンガルーポー  
和名 キバナカンガルーポー
漢字表記 黄花カンガルーポー
別名・異名 アニゴザントス・プルケリムス/イエロー・カンガルーポー
古名
語源 和名は、英名の直訳から。/属名は、ギリシャ語のanises(=等しくない)とanthos(=花)の合成語で、花の大きさが不揃いであることから。/種小名は「美しい」の意。
学名 Anigozanthos pulcherrimus
英名 Yedllow kangaroo paw,
Golden kangaroo paw
仏名 
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 :キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 ハエモドルム科アニゴザントス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え/切り花
原産地 オーストラリア
花言葉 不思議   撮影者:愛媛県 日原由紀子様
解説 黄花カンガルーポーは、ハエモドルム科の多年草である。本種は、オーストラリア西部の沿岸部での砂質土壌地帯に自生の見られる多年草である。姿は我が国のアヤメにも似た長さ30~60㎝程度の剣形で扇形に叢出する。葉色は幾分銀色を帯びた緑色である。9~12月頃、葉鞘から1~1.5m程度の花茎を伸ばし、その先に円錐花序を出し、長さ7~8㎝程度の筒状花をつける。花筒部位は黄色であるが、花冠は6裂し、白色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考