←トップ頁へ
和名jp イチョウバミミカキグサ  
漢字表記 銀杏葉耳掻草  
別名・異名
another name
ウトリクラリア・リビダ
ケープタウンミミカキグサ
リビダ・ミミカキグサ 
古名old name  
語源 和名は、葉姿並びに花姿から。
属名は、utoricurusu(=小気泡)に由来しており、葉の小さい捕虫嚢を示している。
種小名は「青味を帯びた」の意。 
学名sn

Utricularia livida

             撮影者:東京都 中村利治様
英名en Bladderwort
仏名fr
独名de 撮影地:市川市動植物園
伊名it
西名s Perrito de agua
葡名pt
漢名ch 青葉挖耳草
植物分類 タヌキモ科タヌキモ属
園芸分類 多年生草本
用途use 水鉢植え
原産地
distribution
アフリカ東部・南部,マダガスカル,メキシコ,グアテマラ
花言葉
解説
description
イチョウバミミカキグサは、タヌキモ科の多年草である。食虫植物として我が国にも自生が見られるタヌキモの仲間である。地中にある半透明の捕虫嚢で微生物を捕らえる。地下茎は繊細で地を這い、へら形の葉を地表を覆うようにつける。周年開花性であり、白地に紅紫色の花を花茎の先につける。葉はグランドカバーのように多数つくが、3㎝前後程度の花茎も多数立ち上がる。花径は1㎝前後程度で、花色は白色のものもある。また、花形も多少の変異がある。我が国の園芸界では単純に「ミミカキグサ」の名で流通していることも多く見かける。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考