←トップ頁へ

和名jp イチビ       撮影地:群馬県邑楽町

              
漢字表記 莔麻
別名・異名
other name
キリアサ(桐麻)
ゴサイバ(御菜葉・五菜葉)
アカギイチベイ(赤木市平)
カナビキ(鉄引)
シナノオ(信濃苧)
古名
old name
イチビ(以智比)
語源 和名の語源は多数ある。※備考欄参照
属名は、a(=否定)とbous(=牡牛)とtilos(=下痢)の合成語で、家畜の下痢止めに効果があるというような意味となる。
種小名はギリシャの哲学者・植物学者のテオフラテスの名に因んでいる。
学名sn Abutilon theophrasti
英名en Chinese jute
Buttonweed,
Butterprint
Velvetleaf
Pie-marker
Indian mallow
仏名fr Abutilon d'Avicenne
,Abutilon de Théophraste,
Abutilon à fleurs jaunes
独名de Samtpappel,
Lindenblättrig Schömalve
伊名it Cenecio molle
西名es Yute de la China
葡名pt Malvão,Jute-da-china
漢名ch 苘麻
植物分類 アオイ科イチビ属
園芸分類 一年生草本
用途use 繊維材
原産地
distribution
インド
花言葉
解説
description
イチビはアオイ科の1年草である。草丈は100~150㎝程度。全体的に白色の柔毛に覆われている。葉は長い葉柄を持った心臓形で、一見してキリの葉に似ている。夏~秋にかけて、葉腋に径2㎝程度の黄色い5弁花をつける。花後の果実は半球形で、11~16の分果が環状に並び、熟すと縦に裂けて腎臓形での茶色い種子を落とす。この種子の種皮はとても堅く、落下してから20年以上も発芽能力を保持し続けるという。
履歴 我が国への渡来時期不詳であるが、既に平安時代には栽培されており、江戸時代までは栽培されてきた。本種は茎の皮から繊維を得て、「布地」・「畳表の縦糸」・「縄材」・「麻袋」・「ロープ」として他の繊維材と混ぜて利用されてきた。また、繊維屑は製紙原料にも用いられた。繊維を採取したあとの殻は炭にして火口に用いた。古くなった繊維は壁の補強材として用いられた。
今日、逸失した本種が我が国各地に野生化している。
現在、我が国では、日本の侵略的外来種ワースト100にも選定され、外来生物法により「要注意外来生物」に指定されている。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『和漢三歳図絵』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 イチビの語源については次のようなものがある。
・いち早く燃えることから「痛火」の意からの転訛。
・幹から火口を作ったことからウチビ(打火)からの転訛。
・本種の朝鮮語O-cho-kuiからの転訛。
イトキビ(糸黍)からの転訛。
その他多数ある。