←トップ頁へ

和名jp イブキノエンドウ
 撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:伊吹山山頂付近
漢字表記 伊吹野豌豆
別名
other name
ヴィキア・セピウム
古名old name
語源
etymology
和名は大形のカラスノエンドウの意から。
属名
は、ラテン語のvincire(=巻き付く)を語源としている。
種小名は、「生け垣の、柵の」の意。
学名sn Vicia sepium
英名en Bush vetch
仏名fr Vesce des haies
独名de Zaun-Wicke
伊名it Veccia dello siepi
西名es Veza
Arveja
葡名pt Ervilhaca-dos-lameiros
漢名ch 野豌豆
植物分類 マメ科ソラマメ属
園芸分類 半蔓性1年生草本
用途use 生け垣・招蜂草
原産地
distribution
地中海沿岸地方
花言葉
解説
description
イブキノエンドウはマメ科の1年草である。草丈は50㎝程度となる。葉は羽状複葉で茎に互生し、小葉は4~7対となる。小葉は長さ2~3㎝程度の卵形~長楕円形で、長さ1~2.5㎝、幅、2~5㎜程度となる。小葉の先端部はほぼ鋭頭で、中央脈は伸出し、基部は丸味を持ち、縁部は全縁となる。基部は無柄であり、近くの托葉は半箭形で、鋸歯を持つ。5~7月頃、葉腋から総状花序を出し、長さ1.5㎝程度の蝶形花をつける。花色は淡桃紫色地に濃青紫色の網目模様が入る。花後には長さ2~3㎝程度の莢果をつけ黒熟する。 
履歴 かつて織田信長は伊吹山に、ポルトガル人宣教師によって薬草園を開かせたが、その際に本種の種子も他の種子と混在して渡来し、帰化状態となったことが要因とされている。
近年、我が国では、北海道でも帰化状態にあることが確認されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考