←トップ頁へ

和名 イブキボウフウ  
漢字表記 息吹防風
別名・異名
古名
語源 和名は、伊吹山に自生するボウフウ(原産地:中国)の意。/属名はギリシャ語のlibanos(=香りの良い)の意。/種小名は「朝鮮の」の意。
学名 Libanotis coreana
(=Seseli libanotis var.japanica)
英名 撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名 撮影地:東京都薬用植物園
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 セリ科イブキボウフウ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用(根)
原産地 日本(本州:近畿以西・北海道)/朝鮮半島
花言葉
解説 イブキボウフウはセリ科の多年草である。伊吹山で発見されたことからイブキボウフウの名がついたが、実際的には、我が国では、伊吹山は南限であると言う。草丈は50~100㎝程度。全草に毛が見られる。茎は直立し、上部で分枝をする。葉は2~3回羽状複葉で、小葉は細かく切れ込む。8~9月頃、枝先に散形花序を出し、白色の小花を多数付ける。花弁は5個で、花弁の先端部は爪状に内曲する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三才図会』、『物類品騭』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考