←トップ頁へ

検索名 イボザ
和名 フブキバナ
漢字表記 吹雪花
古名
別名・異名 イボザ
語源 和名のフブキバナとは、開花時の様相からと推測される。別名のイボザは旧属名から。/属名については不詳/種小名は「河岸に生ずる」の意。
学名 Tetradenia riparia(=Iboza riparia)
英名 Ginger Bush/Nutmeg Bush/Mochasma
仏名 Tetradenia riparia
独名
伊名
西名
葡名 Mirra
漢名 麝香木
植物分類 シソ科フブキバナ属
園芸分類 常緑多年生草本(亜低木)
用途 鉢植え/路地植え(温室栽培)
原産地 南アフリカ
花言葉 犠牲的精神 ↑栃木花センターにて↓
解説 フブキバナは、シソ科の常緑多年草である。和名のフブキバナよりも旧属名のイボザの名で流通しているようである。草丈は1~2m程度に。葉は広卵形で、縁には緩やかな鋸歯が見られる。花は白色の小花で、枝頂にたくさんの花穂をつける。満開時には重みで下垂する。開花期は2~3月頃。雌雄異株。
履歴 我が国へは明治期の末に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考