←トップ頁へ

検索名  イベリス・センペルウィレンス   
和名 トキワマガリバナ
漢字表記 常葉曲がり花
別名・異名 イベリス・センペルウィレンス/コモン・キャンダィタフト
古名
語源 和名は、本種が常緑である事から。/属名のIberisとはイベリス属の植物の多くがイベリア半島に多く分布していることから命名された。/種小名は「常緑の」の意。
学名 Iberis sempervirens 撮影者:東京都 中村利治様
英名 Common candutuft
Evergreen candytuft,
Perennial candytuft
仏名 Ibéris toujours vert
独名 Schleifenblumen 
伊名 Rspo,iberis
西名 Carraspique,Cestillo de plata
葡名
漢名 屈曲花
植物分類 アブラナ科マガリバナ属
園芸分類 多年性草本
用途 花壇/鉢植え/ロックガーデン
原産地 西南アジア/北部アフリカ/地中海沿岸
花言葉 心を惹き付ける  撮影地:小石川植物園
解説 トキワマガリバナはアブラナ科の常緑多年草である。草丈は20~30㎝程度。茎は良くバンズisをし、地を這いながら横方向に広がりを見せる。葉は厚味のある篦型~線形で、縁には鋸歯があり、茎に互生する。4~6月頃、茎頂に散房花序をつけ径1㎝程度で白色の4弁花を蜜に付ける。花弁は外側の2個は大きく、内側の2個は小さくなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考