←トップ頁へ

検索名  イベリス・クレナータ  
和名 マガリバナ
撮影:GKZ/とちぎ花センター↓

館林市:トレジャーガーデン↓

撮影者:ポルトガル在住 武本ご夫妻様↓

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方

漢字表記 歪り花
別名・異名 イベリス・アマーラ
イベリス・クレナータ
キャンディタフト
古名
語源 和名は、4個の花弁の内、外側2個は大きく、内側2個が小さくなることから。/属名のIberisとはイベリス属の植物の多くがイベリア半島に多く分布していることから命名された。/種小名は「苦味のある」の意。
学名 Iberis amara(=Iberis crenata)
英名 Candytuft/wryflower
仏名 Ibéris amer
独名 Bittere Schleifenblume
伊名 iberide bianca
西名 carraspic,
herba bpanca,
matablat blanc
葡名 Assembleias
漢名 屈曲花
植物分類 アブラナ科マガリバナ属
園芸分類 一年生・多年生草本
用途 花壇/鉢植え/ロックガーデン
原産地 西南アジア/北部アフリカ/地中海沿岸
花言葉 無関心、冷淡
解説 イベリスはアブラナ科の植物であるから花弁は4枚である。しかし、外側の2枚は大きく、内側の2枚が小さいという変則的な形状をしている。葉は線形で、互生する。草丈は30㎝以下。開花期は5月頃で、花色は、白、ピンク、赤と品種によって異なる。ふんわりと盛り上がって開花するため英名ではキャンディタフトと呼ばれている。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考