←トップ頁へ

和名jp  
漢字表記  
別名・異名
another name
トウシンソウ(燈芯草)
イグサ(藺草)
 
古名old name ヰ(藺・為伊)  
語源
etymology
和名は、蓆(むしろ)にするものであることから、「居(い)」の意味から。
属名は、「結ぶ・縛る」の意で、この草で物を結んだため。
種小名は、「紛らわしい」の意。 
学名sn Juncus decipiens
群馬県館林市にて              
英名en mat rush
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 イグサ科イグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 昔は灯芯に用いた。/また畳表も編まれた。
漢方・民間薬 茎:浮腫・膀胱炎・尿道炎・不眠症・打撲・切り傷・扁桃炎
原産地 日本全土/朝鮮半島/中国/サハリン
花言葉 堅く信ずる/従順
解説 イはイグサ科の多年草で、我が国各地の湿地に自生が見られる。茎を畳表の材料とするため、岡山・広島・熊本の各県では水田栽培も行っている。草丈は25~120㎝程度。地中にある地下茎から茎が直立する。茎は円柱形で濃緑色。5~6月に茎の中程に花穂を見せる。 
履歴 日本人のイグサ利用の歴史は古く、既に、縄文時代の遺跡からも編物が出土している。 
県花・国花  
古典1 『芭蕉句集』  
古典2 『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』 
季語 夏(藺刈る)/冬(藺植う)  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 199 「篝り火花」
15 170 「半夏生」