←トップ頁へ

和名 ヤマヤブソテツ
漢字表記 山藪蘇鉄
別名・異名
語源 和名は、山地に自生が見られ、姿がソテツに似ていることから。/属名はギリシャ語のcyrtoma(=曲がる)に由来している。羽片が鎌状に曲がることから。/種小名は、「(東アジアの植物を採集した)R.フォーチューンの」の意。
学名 Cyrtomium fortunei ver. clivicola
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 オシダ科(←ウラボシ科)ヤブソテツ属
園芸分類 常緑多年性シダ 栃木県:大平山にて
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉
解説 ヤマヤブソテツは、オシダ科(←ウラボシ科)の常緑羊歯である。我が国各地の森林などに自生の見られるシダである。草丈は50~100㎝程度に。根茎は短く斜上する。葉は1回羽状複葉で、全体的には長楕円形である。小葉は15~20対が対生し、ほぼ三角形で先端は尖る。胞子嚢群は葉裏に散在する。小葉は、先端方向に向かって湾曲する傾向を持つ。ヤブソテツに比して小葉の数が少なく、羽片がやや幅広で、葉質も薄めで光沢もあまりない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考