←トップ頁へ

和名jp チシマヒメドクサ
漢字表記 千島姫木賊
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は千島産の小型のトクサの意から。
属名は、ラテン語のequus(=馬)とseata(=刺毛)の合成語からで、草姿を馬の尾にたとえたもの。
種小名は「斑入りの、雑色の」の意。
学名sn Equisetum variegatum
英名en variegated horsetail
variegated scouring rush
仏名fr
独名de 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。

連絡先は、メニュー頁にあります。
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 トクサ科トクサ属
園芸分類 多年生羊歯植物
用途use 路地植え(庭園下草)/鉢植え
原産地
distribution
北半球温帯北部(我が国では北海道)
花言葉 非凡
解説
description
チシマヒメトクサはトクサ科のシダ植物である。我が国では北海道の湿地に自生の見られる野草である。草丈は40~60㎝程度。地中を横に走る地下茎で茎を叢生させる。茎はトクサに比べて明るい緑色で直立する。茎は円柱形で、径5㎜前後。茎の表面には細かい溝が縦に走っているのが見られる。節には鞘状の葉をつける。6~8月頃、茎頂に胞子穂をつける。
履歴 環境省絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考