←トップ頁へ

和名jp タイヨウシダ  
漢字表記  
別名・異名
other name
 
古名old name    
語源
etymollogy
和名の語源不詳。
属名はギリシャ語のthelys(=女の)とpteris(=シダ)の合成語から。
種小名は「紅色を呈する」の意。 
学名sn Thelypteris erubescens  現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。

連絡先は、メニュー頁にあります。
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt   
漢名ch 大葉金星蕨
方桿蕨
植物分類 ヒメシダ科ヒメシダ属  
園芸分類 常緑性羊歯  
用途use 路地植え  
原産地
distribution
日本(屋久島)/台湾  
花言葉  
解説
description
タイヨウシダは、ヒメシダ科の常緑性シダである。概して小川沿いの林中に自生すると言う。根茎は塊状で、茎は4稜を持ち直立する。葉は太い葉柄を持ち、長さ70~130㎝、幅40~70㎝程度。葉柄の基部には鱗片がある。葉は、両面とも無毛で、胞子嚢群は裂片の中肋に近く付く。 
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠA類(CR) 
県花・国花  
古典  
季語  
備考 ※漢字表記は「大洋羊歯」或いは「大葉羊歯」の何れかかと推測される。