←トップ頁へ
和名 シチトウハナワラビ
漢字表記 七島花蕨  
別名・異名
古名
語源 和名は、伊豆七島に自生の見られるハナワラビ(胞子葉が花のように見えるワラビ)の意。/属名は、ギリシャ語のbotrys(=ブドウの房)を語源としている。胞子葉の外観から。/種小名は「暗緑色の」の意。
学名 Botrychium atrovirens 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 薄葉大陰地蕨/華東大陰地蕨
植物分類 ハナヤスリ科ハナワラビ属
園芸分類 冬緑羊歯植物
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 日本(伊豆半島・伊豆七島)
花言葉
解説 シチトウハナワラビはハナヤスリ科の冬緑シダ植物である。草丈は30~40㎝程度。栄養葉は9月頃から翌春まで姿を見せ、夏場には枯れている。よく知られているフユノハナワラビと類似しているが、冬のハナワラビの場合は別名に「ヒカゲワラビ(日陰蕨)」とも言われるように概して日陰を好む性質を見せるが、本種の場合は日向を好む性質を見せる。また、冬のハナワラビの場合には無毛であるが、本種の場合には、葉、葉柄、胞子葉の茎(柄)にも軟毛が見られる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考