←トップ頁へ

和名 シシタマシダ
漢字表記 獅子玉羊歯
別名・異名
語源 和名は、葉先が複雑に分岐する、所謂「獅子葉」タイプのタマシダの意。/属名は、ギリシャ語のnephros(=腎臓)とlepis(=鱗片)の合成語であるが、意味不詳。/種小名は「耳形の」の意。/品種名は「鶏冠状の」の意。
学名 Nephrolepis auriculata 'Cristata'
英名 
仏名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
 
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツルシダ科(←ツルキジノオ科)タマシダ属
園芸分類 常緑多年生羊歯
用途 鉢植え/下草
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 シシタマシダは、シノブ科の常緑シダである。直立した根茎から葉が多数出る。長さは30~50㎝程度。本種は、我が国に自生の見られるタマシダの葉先が細かく分岐を示す所謂「獅子葉」となる園芸品種である。その他についてはタマシダの頁を参照ください。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考