←トップ頁へ

和名jp シシオクマワラビ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 獅子雄熊蕨
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、オクマワラビのの変種で、葉の先端部分に異形を見せることから。
属名は、ギリシャ語のdry(=カシ)とpteris(=シダ)の合成語であり、カシの木などの樹下に生えるシダの意。
種小名は「一定形の」の意。
品種名は「縮れた・皺のある」の意。
学名sn Dryopteris uniformis f. crispata
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch  闊葉鱗毛蕨
植物分類 オシダ科オシダ属
園芸分類 常緑羊歯
用途use
原産地
distribution
日本(本州:中部地方)
花言葉
解説
description
シシオクマワラビは、オシダ科の常緑シダ植物である。本種は、学名から理解出来るようにオクマワラビからの1品種として分類される。概して山野の樹林下にね亜高山帯の隣地に自生の見られるシダである。葉身が2回羽状に避ける。葉身の長さは30~60㎝程度、幅は15~20㎝程度。羽片は2~3㎝、革質で表面は淡緑色を帯びる。本種の場合、葉の先端部では母種のオクマワラビとは相違して異形葉を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考