←トップ頁へ

和名 シシガシラ
漢字表記 獅子頭
別名・異名 ヤブソテツ/ムカデグサ/オサバ
古名
語源 和名は、葉の様子を獅子のたてがみに見立てたことによるという。/属名は、ギリシャ名blechnonを語源としているが意味不詳。/種小名は「本州の」の意。
学名 Blechnum nipponicum
英名
仏名 新潟県:弥彦山にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 シシガシラ科ヒリュウシダ属
園芸分類 常緑多年シダ
用途 薬用/ドライフラワー
原産地 日本固有種
花言葉
解説 シシガシラはシシガシラ科の常緑シダである。我が国の山地では北海道~九州まで普通に見られるシダである。葉は束生し、放射状に広がりを見せる。若葉は淡紅色を帯びている。長さは30~40㎝程度で2形がある。栄養葉は倒披針形で先端は尖り、下部は次第に細くなる。胞子葉は栄養葉よりも長く、羽片が狭くまばらにつき、その裏面に胞子嚢群がつく。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考