←トップ頁へ

和名 シノブ
漢字表記
別名・異名 シノブグサ、コトナシグサ
古名 ソノフクサ(忍草)
語源 和名は、着生シダであり、土が無くても堪え忍びせいいくすることから 。/属名は、イギリス生まれでスイスの植物学者Edmond Davallへの献名。/種小名はイギリスの植物採集家Charles Mariesの名に因んでいる。
学名 Davallia mariesii
英名 Ball fern
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 兎脚蕨、龍爪蕨、狼尾蕨
植物分類 シノブ科シノブ属
園芸分類 常緑羊歯植物
用途 鑑賞用栽培(忍玉・吊忍)
原産地 日本/台湾/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 シノブはシノブ科の落葉性羊歯植物である。樹木の樹皮上や岩上等に生育する着生植物である。根茎は長く匍匐枝、褐色の鱗片で覆われている。葉は長さ10㎝前後程度の葉柄を持ち、根茎から疎らに出る。葉身は長さ20㎝程度の3角状卵形で3~4回程度の羽状に深裂しする。小葉は咲きがややh側なる楕円状で、裏面には胞子嚢群を持つ。葉は幾分革質で、表面には幾分光沢がある。葉は、冬場には落葉するが、暖地のものは常緑となるという。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考