←トップ頁へ

和名 シンテンウラボシ
漢字表記 新店裏星
別名・異名
古名
語源 和名は、台湾台北市「新店地区」で発見されたことから。/属名の語源不詳。/種小名は「(台湾台北市)新店の」の意。
学名 Colysis × shintensis
撮影者:東京都 山口米子様
英名
仏名
独名 撮影地:大阪市立大学
伊名 理学部付属植物園
西名
葡名
漢名 新店線
植物分類 ウラボシ科イワヒトデ属
園芸分類 常緑性羊歯
用途
原産地 日本(本種:静岡県・和歌山県~九州南部~沖縄県)/台湾
花言葉
解説 シンテンウラボシはウラボシ科の常緑シダ植物である。本種は、オオイワヒトデ種とヤリホノクリハラン種との自然交雑種とされる。概して山地の林床や岩上に自生するシダである。根茎は長く横走し、葉は疎らにつく。葉身全体の長さは25~50㎝程度となる。葉柄は長さ10~30㎝程度で、基部に鱗片を持ち、狭い翼がある。葉身は縁部が全縁の単葉であるが、下部に数対の狭披針形の裂片がつくこともあり変異に富む。胞子嚢群は主側脈の間に線状に並ぶ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考