←トップ頁へ
和名 シダ
漢字表記 羊歯
別名・異名 歯朶(しだ)
語源 和名は、葉が下へ枝垂れるところから。
学名 Filicales
英名 Fern
仏名 fougere
独名 Farne
伊名 felce
西名 helecho
葡名 samambaia
漢名 蕨類/羊蹄
植物分類 シダ植物門シダ類
園芸分類 多年性草本
用途 庭園/食用/ロックガーデン/用材
原産地 全世界
花言葉 魅惑
解説 シダは花を咲かせることがなく胞子によって増える隠花植物である。シダは、全世界に見られるが、我が国には800種が確認されている。温暖で湿潤な気候がシダに適していると考えられる。葉を観賞することになるが、我が国の随所に見られるだけに様々な形で日本人の文化に入り込んでいる。また、駆虫剤を得たり、籠などの細工物に用いられたり、繊維を得たり、食用にされたり、庭園材料に用いられたりと用途は多彩である。
履歴
県花・国花
古典1 『出雲風土記』、『芭蕉句集』
古典2 『下学集』、『大和本草』、『物品識名』
季語 新年
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
7 274 「本棚の前で」
17 37 「雪餅草」