←トップ頁へ

和名jp シビイタチシダ
撮影者:東京都 山口米子様
↑撮影地:筑波実験植物園↓


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:筑波実験植物園↓

撮影:GKZ/とちぎ花センター↓
漢字表記 紫尾鼬羊歯
別名・異名
another name
語源
etymology
和名は、鹿児島県紫尾山麓で発見されたことによる。
属名は、ギリシャ語のdry(=カシ)とpteris(=シダ)の合成語であり、カシの木などの樹下に生えるシダの意。
種小名は、「紫尾の足」の意で、紫尾山麓を意味している。
学名sn Dryopteris shibipedis Kurata
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 オシダ科オシダ属
園芸分類 常緑羊歯
用途use
原産地
distribution
日本(※履歴欄参照):日本固有種
花言葉
解説
description
シビイタチシダはオシダ科の常緑羊歯である。本種は、オオイタチシダとギフベニシダとの中間的な存在と言われている。その他詳細に関しては、現在調査中である。掲載した添付した筑波実験植物園での解説ボードの写真を参照ください。 
履歴 本種は、鹿児島県紫尾山麓の人家の石垣で、故倉田悟(東京大学名誉教授)によって昭和37年(1962)に発見され、昭和41年(1966)に命名されている。その後、平成19年(2007)の環境省レッドデータ・リストでは絶滅種とされたが、筑波実験植物園に保存されていることが判明している。 
 県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考