←トップ頁へ
和名jp セイタカミヤマノコギリシダ  
漢字表記 背高深山鋸羊歯  
別名・異名
other name
 
古名
old name
 
語源
etymology
和名は、草丈の高いミヤマノコゴリシダの意から。
属名はギリシャ語のdiplasios(=二重の)を語源としている。
前者種小名は、明治期に日本の植物採集をした宣教師U.フォーリーの菜に因んでいる。
後者種小名は、「本州の」の意。 
学名sn Diplazium fauriei × Diplazium nipponicum 
英名en  撮影地:とちぎ花センター          
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 イワデンダ科(←メシダ科)ヘラシダ属
園芸分類 常緑羊歯植物
用途use
原産地
distribution
日本(本州:中部地方~近畿地方)
花言葉  
解説
description
セイタカミヤマノコギリシダはイワデンダ科の常緑羊歯である。本種は、学名に示されるように「ミヤマノコギリシダ」と「オニヒカゲワラビ」との自然交雑種である。その他詳細については未調査。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考