←トップ頁へ

和名jp ジャイアント・ホーステイル
漢字表記
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・バイラーダ地方
別名・異名
other name
エクイシータム・テルマテイア
古名
old name
語源
etymology
和名は、英名の音読みから。
属名はequus(=馬)とsaeta(刷毛)の合成語で細い枝を多数出す様子を馬の毛にたとえたもの。
種小名は「湿地の、沼地の」の意。
学名sn Equisetum telmateia
英名en Giant horsetail
Great horsetail
仏名fr Grande prêle
独名de Riesen-Schachtelhalm
伊名it Equiseto massimo
西名es Cola de caballo
Equiseto mayor
Pinillo
rabo de mula
ERquiseto de los pantanos
葡名pt Erva pinheira
Pinheirinho
rabo de cavalo
漢名ch 沼生間荊
植物分類  トクサ科トクサ属 
園芸分類 常緑羊歯
用途use 薬用
原産地
distribution
西アジア~ヨーロッパ~北アフリカ
花言葉
解説
description
ジャイアント・ホーステイルは、トクサ科のシダ植物である。本種は、原産地の項に記した地の森林地帯内の湿地に自生する。草丈は30~150㎝程度となる。(希に2m40㎝という大きさもあるという)。本種の属するトクサ属の植物はデボン紀~石炭紀に出現し、地上に林立していた植物の生きた化石と見なされているが、本種はその中の一種である。一見してスギナにも似た風情の草姿を見せるシダ植物である。掲載した写真に見られるように、外見は我が国でも見られるトクサによく似ている。茎は緑色で直立し、中空であり、軟質である。茎の表面には多数の溝がある。本種は、各節毎に輪生状に枝を出す。 枝は長さ20㎝、径1~2㎜程度で、14~40個を各節毎に出す。我が国でも見られるツクシと同胞に本種も春に15~45㎝程度の胞子茎を出す。胞子茎葉胞子を放出すると枯死する。本種は、地下茎が発達しており、大きなコロニーを構成する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考