←トップ頁へ

和名 マツバラン
漢字表記 松葉蘭
別名・異名 ホウキラン(箒蘭)
語源 和名は、緑色で線形の姿が松葉を想起させることから。/属名はpsilos(=裸)に因んでいる。葉が退化していることから。/種小名も「裸の」の意。
学名 Psilotum nudum
英名 Whisk Fern
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園→
伊名
西名 撮影者:東京都 中村利治様/
葡名 撮影地:小石川植物園→  
漢名 松葉蕨
植物分類 マツバラン科マツバラン属
園芸分類 常緑多年生シダ
用途 鉢植え
原産地 日本(牡鹿半島以西)/済州島/台湾/中国大陸
花言葉
解説 マツバランは、マツバラン科の常緑シダである。概して暖地の岩場や樹上に着生する。茎は細く直立し、堅い。盛んに分枝し株状になる。草丈は最大50㎝にも及ぶ品種もあるという。胞子嚢は平たい球形で、柄が無く、革質で始め緑色でやがて熟すと黄色となる。
履歴 我が国では江戸期の園芸界で一大ブームを呼んだ典型的な古典園芸植物である。
県花・国花
古典  
季語
備考 植栽品:GKZ撮影→