←トップ頁へ

和名jp マメヅタ
 撮影:GKZ/岩上着生:佐野市にて↑
撮影:GKZ/樹上着生:高知市にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:東京大学千葉演習林↑

撮影地:千葉市・みなと海岸通り↑ 
撮影者:東京都 山口米子様↓  

撮影地:熱海梅園 


漢字表記 豆蔦
別名・異名
another name
マメゴケ(豆苔)
イワマメ(岩豆)
イシマメ(石豆)
カガミグサ(鏡草
アオマメコケ(青豆苔)
マメヅル(豆蔓)
古名old name  
語源
etymology
和名は、葉姿から。
属名はギリシャ語のlemma(=皮)とphyllon(=葉)の合成語で、葉が乾いて皮質のため。
種小名は「小さな葉の」の意。
学名sn Lemmaphyllum microphyllum
英名en Green penny fern
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 鏡面草
植物分類 ウラボシ科マメヅタ属
園芸分類 常緑多年生羊歯植物
用途use 鉢植え
原産地
distribution
日本(東北南部以南)/東アジアの暖帯
花言葉
解説
description
マメヅタは、ウラボシ科の常緑着生羊歯である。とても細い根茎を這わせて、岩の上や樹上に着生する。葉は径1~2㎝程度。
履歴
県花・国花
古典 『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考