←トップ頁へ

和名 カニクサ  撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 蟹草
別名・異名 ツルシノブ(蔓忍)/シャミセングサ(三味線草)/カイキンサ(海金沙)
古名 胞子嚢をつけない羽片→
語源 和名は、子供達がこの草でカニを釣ったからという。/属名は、ギリシャ語のlygoles(=柔軟な)の意で、細く長く、軟らかい茎を示しているという。/種小名は「日本の」
学名 Lygodium japonicum
英名 Japanese climbing fern                       撮影:GKZ↓/撮影地:熱海市・初島
仏名
独名 撮影地:小石川植物園
伊名 胞子嚢をつける羽片→
西名 (胞子は葉の裏面に付く)
葡名
漢名 海金沙
植物分類 カニシダ科カニクサ属
園芸分類 蔓性常緑羊歯(寒地では落葉する)
用途 薬用(胞子)
原産地 日本(関東以西)を含む東アジア
花言葉
解説 カニクサはフサシダ科の蔓性常緑羊歯である。ただし、寒地では夏緑生となるという。本種は、シダ植物には珍しく蔓性である。蔓長は最長で3mにも及ぶと言う。蔓性のため、他物に巻き付いて伸び上がる性質を持っているが、一見して「蔓」のように見えるのは、実際には葉の中軸である。従って、蔓から多数の葉が出ているように見えるが、全体的には巨大な一枚の葉姿ということになる。葉は2~3回羽状に裂ける。本種の場合、よく観察すると2種類の葉が存在する。胞子嚢をつけた羽片は幅が狭く、長い。胞子嚢をつけない葉は幅広で長さは短くなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考