←トップ頁へ

和名  プラティケリウム・エレファントチス 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、platys(=広い)とcaryon(=角)の合成語。/種小名は「象の耳のような」の意。
学名 Platycerium elephantotis(=Platycerium angolense)
英名 Cabbage fern,Elephant ear fern 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 象耳鹿角蕨
植物分類 ウラボシ科ビカクシダ属
園芸分類 常緑多年生羊歯
用途 観葉植物
原産地 アフリカ中央部(コンゴ・アンゴラ・リベリア・モザンビーク、ウガンダ)
花言葉
解説 プラテトケリウム・エレファントチスは、ウラボシ科の着生シダである。学名にelephantotisとあるが、これは,elephant(=象)とotis(=耳)の合成語で、本種の形状を示しているが、アフリカ原産のシダ植物でもあり、如何にもアフリカ象の耳を思わせるような形状をしている。本種は、原産地の項に記した地の熱帯乾燥林の樹木に着生するビカクシダの仲間である。植物体は貯水葉と胞子葉とに分かれるが、本種の胞子葉は幅広く、切れ込みはあまり多くない。全歩に突き出した胞子葉の裏側に胞子嚢が付いている。葉の大きさは長さ60㎝、幅30㎝程度とかなり大きな着生シダである。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考