←トップ頁へ
和名jp ヘイケイヌワラビ  撮影者:島根県 田中哲郎様撮影地:島根県吉賀町柿木村 
漢字表記 平家犬蕨
別名・異名
other name
古名 
old name
 
語源
etymology
和名は、自生地の平家伝説に因んでいると言う。
属名はギリシャ語のathyros(=入り口の無い)を語源とするとも言われ、また、別にはathyrein(=変わる)を語源としているとも言われる。
種小名はギリシャ語のeremo(=孤立)とcola(=住まい)の合成語から。
学名sn Athyrium eremicola
(=Athyrium epirachis)
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 軸果蹄盖蕨
植物分類 イワデンダ科メシダ属
園芸分類 常緑羊歯
用途use
原産地distribution 日本(本州:近畿以西)/台湾/中国
花言葉
解説
description
ヘイケイヌワラビはイワデンダ科の常緑シダ植物である。概して渓流沿いの湿気の多い林床に自生の見られるシダ植物である。茎は斜上し、葉は長さ2~50㎝程度の短羽状複生で、葉柄・葉軸は赤紫色となる山地の林下で水際や川沿い等に自生が見られ、葉の長さは1m前後程度となる。葉柄下に黒褐色の鱗片がつく。
履歴 間競争絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典
季語
備考