←トップ頁へ

和名jp ハチジョウシダ
漢字表記 八丈羊歯
別名・異名
other name
語源
etymology
和名は八丈島で見出されたことから。
属名はギリシャ語のpteron(=翼)に由来する。羽状の葉姿から。
種小名は、明治期に日本植物の採集を行った宣教師U・フォーリーの名に因んでいる。
学名sn Pteris fauriei Hieron.
撮影者:東京都 山口米子様
英名en
仏名fr
独名de
伊名fr 撮影地:八丈島裏見ヶ滝→
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 イノモトソウ科イノモトソウ属
園芸分類 シダ植物
用途use
原産地
distribution
日本(伊豆七島~紀伊半島以南)
花言葉
解説
description
ハチジョウシダは、イノモトソウ科のシダ植物である。山地のやや乾燥気味の地に生えるシダである。根茎は太く斜めにする。葉は束生して長さ1㍍程度にも。葉柄は葉身よりも長く、黄緑色でやや硬く基部は茶褐色。葉身は幾分光沢があり、革質。羽片は3~12対で、先端は急に細くなる。裂辺は細長い線形。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 278 「椰子」
14 211 「ジェット機就航」