←トップ頁へ

和名 ハチジョウカグマ
 撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:関東ふれあいの道   
漢字表記 八丈カグマ
別名・異名 タイワンコモチシダ(台湾子持羊歯)
古名
語源 和名は、八丈島に産するカグマ(羊歯の古名)の意。/属名は、イギリスの植物学者Thomas Jenkinson Woodwardの名に因んでいる。/種小名は「突起を持つ、子を生ずる」の意。
学名 Woodwardia prolifera
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 東方狗背蕨
植物分類 シシガシラ科コモチシダ属
園芸分類 常緑羊歯
用途
原産地 日本(本州:千葉県以西・小笠原諸島・伊豆諸島・四国・九州、沖縄)~中国、台湾、フィリピン
花言葉
解説 ハチジョウカグマはシシガシラ科の常緑羊歯である。本種は、原産地名の項に記した地の低地から山地の日当たりの良い地に自生の見られる常緑羊歯である。本種の新葉は紅色をしている。葉長は2mにも及ぶ大型のシダである。葉は二回羽状複葉で上部の葉は中軸につく。小羽片は細長く、切れ込みが深く葉軸まで達する。胞子嚢群は葉裏につく。  
履歴  
県花・国花  
古典  
季語  
備考