←トップ頁へ

和名jp ハイミミガタシダ
 撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:小石川植物園 
漢字表記 這耳形羊歯
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、根茎が長く這い、羽片の最下片が他に比して特に大きくなることから。
属名はギリシャ語のthelys(=女の)とpteris(=シダ)の合成語から。
種小名は耳を持つ」の意。
学名  Thelypteris aurita 
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 耳状紫柄蕨
植物分類 ヒメシダ科ヒメシダ属
園芸分類 夏緑性シダ植物
用途use
原産地
distribution
日本(福岡県・鹿児島県)・中国
花言葉  
解説
description
ハイミミガタシダはヒメシダ科の夏緑性羊歯植物である。本種は、環境省レッドデータ・ブックでは、既に「野生絶滅」とされている。根茎は長く横走し、幾分間隔を置いて葉を出す。葉柄は長さ10~30㎝程度で、下部には鱗片がつく。葉身は長さ100㎝程度の楕円状で、2回羽状となる。語源の項に記したように最下片の羽片が特に大きくなる。胞子嚢群は裂片の縁部と中肋の中間につき、円形~楕円形で、包膜はない。 
履歴 環境省RDB:野生絶滅(EW) 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考