←トップ頁へ

和名jp ユーカリプトゥス・マルギナータ   撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名
other name
ジャラー
古名
old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。/別名のJarrahはオーストラリア先住民の本種に対する呼び名。
属名はギリシャ語のeu(=良く)kalptos(=蓋をする、覆う)の合成語からで「よく覆う」の意。花弁と萼とが癒合したもの(開花時には落下してしまう)で蕾時には覆われていることから。
種小名は「縁取りのある」の意。
学名sn Eucalyptus marginata
英名en Swan river mahogany
Jarrah(Aboriginal name)
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:西オーストラリア州
西名es スターリングレンジ国立公園
葡名pt
漢名ch
植物分類 フトモモ科ユーカリノキ属
園芸分類 常緑高木
用途use 各種用材(船舶・鉄道の枕木・建築材・電柱等)
原産地
distribution
オーストラリア
花言葉 思い出
解説
description
ユーカリプトゥス・マルギナータはフトモモ科の常緑樹である。本種は、西オーストラリア州の沿海地で砂壌地の丘陵地帯に自生する香木である。樹高は40~50m、径3m程度となる巨木である。樹皮は灰色を帯びた褐色で、縦に溝が出来て剥離される。葉は、長さ8~13㎝、幅1.5~3㎝程度の狭楕円形で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部は短い葉柄に連なり枝に互生する。まで。葉は明るい緑色で、縁部が赤から黄色に縁取りされる。6~12月頃、枝先の葉腋に円錐花序を出し、クリーム色・白色・ピンクでの径1㎝程度の花を多数つける。花は、蜜源植物となる。花後の果実は、長さ1~1.5㎝程度の樽形で、長く枝上に残る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考