検索名 ヨウテイボク(羊蹄木)
和名jp フイリソシンカ
 撮影者:沖縄県 田中 勝様

撮影地:那覇市内 
漢字表記 斑入素心花
異名・別名
another name
ヨウテイボク(羊蹄木)
シアオ・ドークカオ(タイ語名)
古名old name 撮影地:タイ・メークロン→
語源
etymology
和名は、淡紅紫色地の花弁に濃赤紫色の斑模様が入るソシンカ(素心花)の意から。
属名は、16世紀スイスの植物学者Gaspard BauhinとJean Bauhin兄弟の名に因んでいる。葉の先が中裂することから、Bauhn兄弟に献名されたとのことである。
種小名は「斑入りの」の意。
学名sn Bauhinia variegata
英名 en Variegated Bauhinia,
Varegated orchid tree
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Falsa caoba,Árbol de las orquídeas,
Árbol orquídea
葡名pt
泰名th เสี้ยวดอกขาว
漢名ch 宮粉羊蹄甲
植物分類 マメ科ハマカズラ属
園芸分類 半落葉中・低木
用途use 公園樹・緑陰樹・庭木・食用(若葉) 
原産地
distribution
中国・ミャンマー・ラオス・タイ 
花言葉  
解説
description
フイリソシンカはマメ科の半落葉樹である。樹高は5~10m程度。葉は、この属の樹木特有の形状で、先端が深裂し、半円形の葉が密着し、中国名にも見られるように、ヒツジの蹄のような形状となる。葉の縁部に鋸歯はない。冬場に、枝先の葉腋から短い花柄を持った5弁花をつける。花径は、7~10㎝程度で、花色は淡紅紫色であるが、中央部に濃赤紫色の斑模様が入る。開花時には芳香を放つ。本種は、最盛期には、樹冠を覆う如くにも見事な景観を見せる。花後には長さ30㎝程度の莢果をつける。 
履歴     
県花・国花 タイ国ナーン県木  
古典1  
古典2  
季語  
備考