←トップ頁へ

検索名  ヨウシュボダイジュ(洋種菩提樹)  
和名 ナツボダイジュ
漢字表記 夏菩提樹
別名・異名 セイヨウボダイジュ(西洋菩提樹)/ヨウシュボダイジュ(洋種菩提樹)
古名
語源 和名は、ドイツ語名Sommer-Lindeの直訳。/属名は、ptilon(=翼)に由来している。花序にある翼状の苞葉があることから。/種小名は「広葉の」の意。
学名 Tilia platyphyllos
英名 Large-leaved linden,
Large-leaved lime,
Broad-leaved lime
仏名 Tilleul à grandes feuilles 撮影者:東京と中村利治様
独名 Sommer-Linde 撮影地:小石川植物園
伊名 Tiglo nostrano
西名 Tilo de hoja ancha,
Tilo de hoja grande
葡名 Tília
漢名 寛葉椴
植物分類 アオイ科(←シナノキ科)シナノキ属
園芸分類 落葉高木
用途 路地植え/街路樹/用材(細工物・建築・器具材・合板)/繊維材・縄(樹皮)/蜜源植物(花)/薬用/ハーブティー
原産地 ヨーロッパ中央部~南部
花言葉 夫婦愛
解説 ナツボダイジュはアオイ科(←シナノキ科)の落葉樹である。幹は直立し、樹高は20~40m程度に。葉は葉柄を持った長さ6~10㎝(最大では15㎝にもなるという。)程度の円心形で、縁には鋸歯を持ち、先端は尾状に尖り、枝に互生する。6~8月頃、枝先の葉腋から集散花序を下垂し、横白色の小花を多数つける。花には緑色の苞葉がつく。花には強い芳香がある。花後には1㎝程度の球形の堅果がつく。
履歴 撮影:GKZ/撮影地:栃木県道の駅「田沼」          
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考