←トップ頁へ

和名jp ヨシノツツジ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
  撮影地:大船植物園
漢字表記 吉野躑躅
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名の語源不詳。
属名は、ギリシャ語でrhodon(=バラ)とdendron(=樹木)の合成語で、「赤い花をつける木」の意。
学名sn Rhododendron ' yoshino'
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 落葉低木
用途use
原産地
distribution
日本(園芸作出品種)
花言葉 愛の喜び
解説
description
ヨシノツツジは、ツツジ科の落葉樹である。本種は、ツツジとシャクナゲとのハイブリッド種である。「ツツジ」の名がついているが、厳密にはシャクナゲといえる。(ゲンカイシャクナゲをゲンカイツツジとして流通していることと同様である。樹高は概して1〜1.5m程度となる。若枝は赤味を帯びている。葉は革質の楕円状で、縁部は全縁、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり互生する。3〜4月頃、枝先に散形花序を出し、鮮桃色で漏斗状の花をほぼ球状になるようにつける。花冠は5深裂する。花弁には概して皺がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 春(ツツジ)
備考