←トップ頁へ

検索名 ヨーロッパキョウチクトウ
和名 セイヨウキョウチクトウ
漢字表記 西洋夾竹桃
別名・異名 ヨーロッパキョウチクトウ
古名
語源 和名は、西洋産のキョウチクトウの意。因みにキョウチクトウはインドが原産地である。キョウチクトウの語源についてはキョウチクトウの頁を参照下さい。/属名のNeriumとはラテン語の「湿った」から来ているという。原産地では、川辺の湿り気のある土地に自生が見られるという。
学名 Nerium oleander
英名 oleander
仏名 Laurier rose
独名 Oleander
伊名 Oleandro
西名 Adelfa,Laurel de flor,Rosa Laurel,
Baladre,Trinitaria
葡名 Oleandro,,Leandro,Loandro-rosa,Adelfa
漢名 欧州夾竹桃/洋夾竹桃
植物分類 キョウチクトウ科キョウチクトウ属
園芸分類 常緑中~低木
用途 街路樹/公園樹/庭木/薬用
原産地 地中海沿岸
花言葉 深刻な友情/危険/恵まれた人(白花)/親友(赤花)
解説 セイヨウキョウチクトウは、我が国で、一般的にキョウチクトウと呼ばれている種類の母種と推測されている種類である。
履歴 我が国へは、明治初年に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物(乳液)
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 121 「馴化園」