←トップ頁へ

検索名  ヨーロッパイチイ(欧羅巴一位) 
和名jp セイヨウイチイ ↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

撮影地:東京都薬用植物園↑
撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:星薬科大学薬草園↑      
漢字表記 西洋一位
別名・異名
another name
ヨーロッパイチイ(欧羅巴一位)
セイヨウオンコ(西洋オンコ)
古名old name
語源
etymology
和名は、西洋産のイチイの意。因みにヨーロッパに自生の見られるイチイ属の樹種は唯一本種のみである。
属名は、ギリシャ語のTaxos(=イチイor弓)を語源としている。
種小名は、「液果の」の意。
学名 sn Taxus baccata
英名en Yew,European yew
Common yew
仏名fr If commun
If
独名de Europäisch Eibe
Gemeine Eibe,Eibe
伊名it Tasso
西名es Tejo común
Tejo negro
葡名pt Teixo
漢名ch 欧州紫杉
植物分類 イチイ科イチイ属
園芸分類 常緑高木
用途use 用材(家具・弓)/庭園樹/食用(果実)/薬用(樹皮)
原産地
distribution
ヨーロッパ・西アジア・ヒマラヤ地方
花言葉
解説
description
セイヨウイチイはイチイ科の常緑樹である。雌雄異株。樹高は10~15m程度。葉は長さ2㎝程度の線形で、カヤの葉にも似ている。今年枝につく葉は、葉縁に黄緑色の隈取りが見られる。春、枝先の葉腋に花をつける。雌花は、秋に壺状多肉質の仮種皮に包まれ赤熟する。この仮種皮は甘味があり、食用可。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考