←トップ頁へ

和名 ヨーロッパグリ 写真をお持ちの方ご提供下さい。
連絡先はメニュー頁にあります。
漢字表記 欧羅巴栗
別名・異名
古名
語源 属名は、ギリシャ語のcastana(=栗)を語源とする古代ラテン語から。/種小名は「栽培された、耕作した」の意。
学名 Castanea sativa
英名 Chestnut
仏名 marron
独名 kastanie
伊名 castagna
西名 castaňa
葡名 castanha
漢名
植物分類 ブナ科クリ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用
原産地 地中海沿岸
花言葉 私を公平にせよ/豪奢
解説 主として地中海沿岸諸国で栽培される。胴枯病に冒され易いために、降雨量の多い我が国では栽培は不向きとされる。渋皮が離れやすく、マロングラッセ等に利用される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考