←トップ頁へ

検索名 ヨーロッパゴールド
和名 ニオイヒバ
漢字表記 匂檜葉
別名・異名 ツヤ・オクシデンタリス・ヨーロッパゴールド
古名
語源 和名は、葉に柑橘系の芳香を有することから。/属名は、常緑で樹脂を出す植物のラテン古名から。/種小名は「欧州の」の意。
学名 Thuja occidentalis 'Europe Gold'
英名 Europe Gold American Arborvitae
仏名 栃木県佐野市:三毳山ハーブ園にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒノキ科クロベ属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭園樹/公園樹/垣根/鉢植え
原産地 北米東部
花言葉 堅い友情、私のために生きて
解説 ニオイヒバは、ヒノキ科の常緑樹である。樹高は3~5m程度に。若葉は、黄金色でとても美しい。夏場になるとやがて黄色に変化し、冬場は褐色を帯びた黄色へと変化する。枝葉を刈り込んだり、切ったりすると、和名の通り芳香を放つ。自然に狭円錐形に仕上がり、葉色の変化も楽しめるコニファーである。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考