←トップ頁へ

検索名  ヨーロッパブナ(欧羅巴橅) 
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
        撮影地:筑波実験植物園         
和名 セイヨウブナ
漢字表記 西洋橅
別名・異名 ヨーロッパブナ(欧羅巴橅)
古名
語源 属名は、ギリシャ語のphagein(=食べる)に由来するラテン古名。実が食べられることから。
種小名は「森林の、森林に生育する」の意。
学名 Fagus sylvatica
英名 European beech
仏名 hêtre
独名 Buche
伊名 faggio
西名  haya 
葡名 haya
漢名
植物分類 ブナ科ブナ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(堅果)/採油(実)/用材(船材・櫂・枕木・細工物・器具・合板・パルプ・建築・曲木・漆器木地・機械材)/染料(樹皮)/飼料
原産地 ヨーロッパ
花言葉 繁栄
解説 セイヨウブナは、ブナ科の落葉樹である。樹高は25~35m程度となる。葉は長さ5~10㎝、幅6~7㎝程度の楕円状で、縁部は鋸歯があり、先端部は尖り、基部では短い葉柄に連なり枝に互生する。葉脈は6~7対となる。葉は、秋に枯れても、概して翌年まで枝上に残る。にも達する。葉は互生し卵形または菱卵形。5月頃、新枝の下部に雄花序を下垂し、雌花序は新枝の上につく。受粉後、穀斗果を形成し、秋に熟す。穀斗は、長さ15~20㎜、幅7~10㎜程度で3角状の種子を2個内包する。 
履歴  
県花・国花 デンマークの国樹  
古典1  
古典2  
季語  
備考