←トップ頁へ

和名jp ヨーロッパアカマツ   撮影者:東京都 山口米子様

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:小石川植物園
 
漢字表記 欧羅巴赤松
別名・異名
another name
レッドパイン、
ノルウェーパイン、
スコッチパイン、
リガパイン
古名old name 撮影地:皇居東御苑→
語源
etymology
和名は、文字通りヨーロッパ産のアカマツの意から。
属名はケルト語のpinn(=山)を語源とするマツのラテン古名。種小名は「森に生ずる」の意。
学名sn Pinus sylvestris
英名en Scotch pine
仏名fr Pin sylvestre,
Pin du Nord
独名de Waldkiefer,
Gemeine kiefer,
Rotföhre,
Weißkiefer
伊名it Pino silvestre
西名es Pino silvestre,
Pino de Valsaín,
Pino serrano,
Pino albar,
Pino del Norte,
Pino rojo,
Pino bermejo
葡名pt Pinho-de-riga,
Pinho-silvestre,
Pinheiro-da-escócia,
Pinho-nórdico,
Casquinha-nórdica
漢名ch 欧州赤松
植物分類 マツ科マツ属
園芸分類 常緑高木
用途 庭園樹/公園樹/用材
原産地
distribution
スカンジナビア半島~スコットランド~シベリア~コーカサス地方
花言葉
解説
description
ヨーロッパアカマツは、マツ科の常緑樹である。樹高は、最大では40mを越えると言う。樹皮は、灰色~褐色であるが、幹の上方に行くとオレンジ色に近い色になるという。葉は青緑色で、長さ2.5~5㎝程度で、2本ずつ束になる。松毬は3~7㎝程度の円錐形で、先端部に刺を有する。種子は3~5㎜程度で、淡褐色の羽根が付く。春に長さ10㎜前後程度で黄色い雄花序がつき花粉を飛ばす。
履歴 アメリカ・カナダでは帰化状態にあると言う。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考