←トップ頁へ

和名 ヤチツツジ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

↑撮影地:筑波実験植物園↓

撮影:GKZ↓/日光植物園
漢字表記 谷地躑躅
別名・異名 ホロムイツツジ(幌向躑躅)
古名 撮影地:咲くやこの花館→
語源 和名は、湿地帯に自生の見られるツツジの意。
属名は、ギリシャ語のchamae(=小さな)とdaphne(=月桂樹)の合成語から。
種小名
は「萼のある」の意。
学名 Chamaedaphne calyculata
英名 Leatherleaf
仏名
独名 Torfgränke,
Zwerglorbeer
伊名
西名
葡名
漢名 地桂
植物分類 ツツジ科ヤチツツジ属
園芸分類 常緑小低木
用途
原産地 日本(北海道)を含む北半球寒帯
花言葉
解説 ヤチツツジは、ツツジ科の常緑樹である。樹高は1m程度まで。葉は3㎝前後楕円形で、互生する。葉質は硬く革質である。葉の両面には鱗片が密生する。4~6月頃、白色で長さ5ミリ程度の壺形の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考