←トップ頁へ

和名jp ヤマザクラ
撮影:GKZ/日光市・竜王峡↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:千葉県市原市↑

撮影地:埼玉県秩父市↑
漢字表記 山桜
別名・異名
another name
古名old name 群馬県緑化センター→
語源
etymology
和名は山中に見られるサクラの意。
属名は、ラテン語のcerasus(=桜樹)から。
種小名は、和名のヤマザクラから。
学名sn Cerasus jamasakura(=Prunus jamasakura)
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 桜花
植物分類 バラ科サクラ属
園芸分類 落葉高木
用途use 庭木/染料(花)/用材(笛・鞘)/食用(花・実・新芽)
原産地
distribution
日本(本州の宮城県以西・四国・九州)/済州島
花言葉 あなたに微笑む
解説
description
ヤマザクラは、バラ科の落葉樹である。樹高は7m前後。樹皮は暗灰褐色で、横に縞が見られる。4月頃、若葉の展開と同時に淡紅白色で、径2~5㎝程度の5弁花を見せる。果実は球形で、赤色を経て熟すと暗紫色になる。
履歴 ヤマザクラは、古来より日本人に親しまれてきたサクラであり、ソメイヨシノが全国的に急速に普及を見た明治期以前までは、花見の中心はこのヤマザクラであった。
県花・国花 日本の国樹宮崎県木鹿児島県:姶良町木/宮崎県:西米良村花・東郷町木・佐土原町木/熊本県:高森町木・球磨村花/高知県:物部村花・須崎市花/岡山県:船穂町木/和歌山県:古座川町花/奈良県:大和郡山市花・御杖村花・桜井市花/滋賀県:大津市木/京都府:南山城村木/岐阜県:池田町花/愛知県:幸田町木/長野県:南相木村花・八坂村花/山梨県:豊富村花/茨城県:三浦村木/千葉県:芝山町木・富里市木/埼玉県:寄居町木/神奈川県:鎌倉市木・大和市木/東京都:多摩市花/福島県:郡山市木・白沢村花・玉川村花/青森県:六戸町花
古典1 『古今集』、『大和物語』、『源氏物語』、『新古今集』、『平家物語』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 春        
備考 静岡県富士宮市の「狩人の下馬桜」は国の天然記念物に指定されている。