←トップ頁へ

和名 ヤマウルシ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓ 下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様  撮影地:群馬県沼田市玉原高原
漢字表記 山漆
別名・異名
古名 ハニシ/ハジ
語源 和名は、山地性のウルシの意から。/属名はギリシャ語のtoxicos(=毒)とdendron(=樹木)の合成語から。/種小名は「有毛果実の」の意。
学名 Toxicodendron trichocarpa(=Rhus trichocarpa)
英名
仏名
独名 撮影地:登別温泉→
伊名
西名
葡名
漢名 毛漆樹
植物分類 ウルシ科ウルシ属
園芸分類 落葉小高木
用途 染料
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ヤマウルシは、ウルシ科の落葉樹である。樹高は3から8m程度に。葉は奇数羽状複葉で、5~8対の小葉からなる。小葉の長さは6~12㎝で、両面に淡毛がある。雌雄異株。5~6月頃、枝先に円錐花序を下垂し、黄緑色の小花を多数つける。果実は径5㎜程度の扁球形で堅い毛が密生している。本種は、漆液を出すが、その量が少ないために利用されない。   
履歴 本種やヤマハゼは古くは、ハジまたは、ハニシと呼ばれていたが、やがて、ハゼとかハゼノキと呼ばれるようになったが、室町時代以降は、ハゼ或いはハゼノキは、リュウキュウハゼが渡来すると、ハゼの名はリュウキュウハゼを意味するようになってしまったという。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物類品隲』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考