←トップ頁へ

和名 ヤマトウツバキ
漢字表記 山唐椿
別名・異名
古名
語源 和名は、本種が、唐椿からの品種として分類されたことによる。/属名は、17世紀チェコスロバキアの宣教師G・J・Kamellの名に因んでいる。彼がマニラに滞在し、アジアの植物を採集している。/種小名は、「網状の」の意。/品種名は「単一の、単純な」の意。
学名 Camellia reticulata f. simplex 撮影者:東京都 山口米子様
英名  
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 腾冲红花油茶
植物分類 ツバキ科ツバキ属
園芸分類   常緑高木
用途  採油(化粧品原料)
原産地 中国:雲南省
花言葉
解説 ヤマトウツバキはツバキ科の常緑樹である。学名から理解できるように、本種は、トウツバキからの枝変わり品種として分類されている。樹高は10m程度となる。葉は長さ5~10㎝程度長楕円形で、縁部には細鋸歯があり、先端部は尖り、枝に互生する。葉の表面には網目模様の葉脈が見える。1~4月頃、枝先の葉腋に、径5~10㎝程度で赤色の花をつける。母種のトウツバキの場合には八重咲きとなるが、本種は、概して一重咲きとなる。ただし、二重咲き花も混在する。 撮影地:小石川植物園 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考