←トップ頁へ

和名jp ヤマモモ
撮影 東京都中村利治様↑ 
撮影:GKZ/ 高知市にて ↓

撮影者:東京都 中村敏子様↓ 
 昭和薬科大学薬用植物園にて
 撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 

雄花序↑/撮影地千葉市美浜区

雌花序↑/撮影地千葉市美浜区

↑幼果↓/撮影地千葉市美浜区

雄花序↓/稲毛海岸駅
漢字表記 山桃/楊桃
別名・異名
other name
ジュバイ(樹梅)
ヨウバイ(楊梅)
古名
old name
ヤマモモ(也末毛毛・夜末毛毛)
   撮影地:東綾瀬公園/雌花→
語源
etymology
和名は、山に生えて食用の実をつける木の意。
属名は、ギリシャ語のmyrike(=ギョリュウ又はその他の芳香性のある低木の古名)から。
種小名は「赤色の」の意。
学名sn Myrica rubra Sieb. Et Zucc.
英名en yangmei
yamamomo,
Chinese Bayberry, 
Japanese Bayberry, 
Red Bayberry, 
Yumberry
, 
Waxberry,
Chinese strawberry tree
仏名fr
独名de  
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 楊梅
植物分類 ヤマモモ科ヤマモモ属
園芸分類 常緑高木
用途use 庭木/公園樹/街路樹/果実は食用/樹皮は染料
原産地
distribution
日本(千葉県以西)/台湾/中国
花言葉 一途、教訓、ただ一人を愛す
解説
description
暖地の沿海地に自生する常緑樹。樹高は25㍍にも達する。葉は革質で、長さ5~14㎝、幅1~4㎝程度の楕円形、縁部は全縁、先端部は鋭頭~鈍頭、基部では楔形となり、葉柄に連なり枝に互生する。雌雄異株。3~4月に開花する。雌花穂は緑色。雄花穂は黄褐色。果実は1花序に1~3個つく。6~7月に暗赤紫色に熟する。果実は径1~3㎝程度のほぼ球形となる。樹形全体はほぼ円形となる。
履歴
県花・国花 徳島県木高知県木
鹿児島県:南種子町木・開聞町木・東町木
宮崎県:西都市木・西郷村門川町木
大分県:国見町木・三加和町木
熊本県:有明町木
福岡県:豊前市木・那珂川町木・須惠町木
高知県:南国市木
愛媛県:津島町木
香川県:丸亀市木
徳島県:小松島市木・和木町木
山口県:下松市木
島根県:斐川町木
和歌山県:上富田町木・海南市木
奈良県:西吉野村花
兵庫県:御津町木
福井県:大飯町木
愛知県:知多市・幡豆町木
静岡県:御前崎市
古典1 『出雲風土記』、『大和物語』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語 春(花)/夏(実)
備考
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」
14 106 「ミニ気象」
14 195 「篝り火花」
17 37 「雪餅草」
17 52,53 「雌木・雄木」
17 137 「下克上」
18 76 「栗」
24 115 「酔芙蓉」