←トップ頁へ

和名 ヤマハゼ  撮影者:東京都 中村利治様↑
漢字表記 山櫨
別名・異名 ヤマウルシ/マケノキ/ハゼ/ハゼノキ
古名 ハニシ/ハジ
語源 和名は山地性のハゼノキの意から。/属名はギリシャ語のtoxicos(=毒)とdendron(=樹木)の合成語から。/種小名は「森林性の」の意。
学名 Toxicodendron sylvestris(=Rhus sylvestris)
英名 撮影地:小石川植物園→
仏名
独名 群馬県高崎市:染料植物園にて↓/撮影者:GKZ
伊名
西名
葡名
漢名 木蝋樹/野漆樹
植物分類 ウルシ科ウルシ属
園芸分類 落葉小高木
用途 染料/印刷用インク・ペイント
原産地 日本(関東以西)
花言葉 頭脳明晰
解説 ヤマハゼは、ウルシ科の落葉樹である。樹高は3~5m程度に。ハゼノキに似ているが、枝や葉の両面に毛があるので区別できる。5月頃に葉腋に円錐花序を出し、黄緑色の小花を見せる。秋の紅葉は美しい。
履歴 本種やヤマウルシは古くは、ハジまたは、ハニシと呼ばれていたが、やがて、ハゼとかハゼノキと呼ばれるようになったが、室町時代以降には、リュウキュウハゼが渡来すると、ハゼやハゼノキの名はリュウキュウハゼを意味するようになってしまったという。
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考