←トップ頁へ

和名jp ヤマハクレン
 撮影者:千葉県  三浦久美子様

撮影地:東京都薬用植物園
漢字表記 山白蓮
別名・異名
other name
サンギョクラン(山玉蘭)
古名old name
語源
etymology
和名は、山地に自生し、白花をつけるモクレンの意から。
属名は、17世紀フランス人植物学者Pierre Magnolの名に因んでいる。
種小名は、19世紀フランス人宣教師・探検家・植物学者のPère Jean-Marie Delavayへの献名。
   
学名sn Magnolia delavayi
英名en Delay's magnolia
Treseder magnolia
Chinese evergreen magnolia
仏名fr Magnolie de Chine
独名de
伊名it
西名es Magnolie de Delavay
葡名pt
漢名ch 山玉蘭
植物分類 モクレン科マグノリア(モクレン)属
園芸分類 常緑高木
用途use 薬用(樹皮)
原産地
distribution
中国南部(四川省・貴州・雲南省)
花言葉
解説
description
ヤマハクレンは、モクレン科の落葉樹である。本種は、中国南東部の標高1500~2800m程度の高地に自生の見られる樹種である。樹高は8~15m程度となる。樹皮は灰色~灰黒色。葉は長さ10~20㎝、幅5~10㎝程度の楕円状卵形で、全縁、先端部では鋭頭し、枝に互生する。5~6月頃、ほぼ葉の展開と同時に径15~25㎝程度で白色杯状花を開く。開花時には芳香を放つ。花は夜開性である。花後には長さ15㎝程度で卵形円筒形の果実を枝上に直立させる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 一説には優曇華(ウドンゲ)とは本種の花であるという。