←トップ頁へ

和名 ヤマグワ
↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:GKZ/栃木県・三毳山ハーブ園↓

館林市:多々良沼畔↓

漢字表記 山桑
別名・異名
古名 撮影地:筑波実験植物園→
語源 和名は、栽培種ではなく、野山に見られるクワの意。
属名のMorusはクワに対するラテン古名である。語源は、ケルト語のmor(=黒)に由来している。実が熟すと黒紫色になることから。
種小名は「蚕の、絹の」の意。
学名 Morus bombycis Koidzumi
英名 Unryu Mulberry
Korean Mulberry
仏名
独名
伊名  撮影地:千葉県市川市→
西名
葡名
漢名 鶏桑/小桑樹
植物分類 クワ科クワ属
園芸分類 落葉低木
用途 食用(若葉・果実=ジャム・果実酒)
原産地 日本/中国/インドシナ半島/インド/ヒマラヤ地方
花言葉 壮大
解説 ヤマグワは、クワ科の落葉樹である。樹高は3~10m程度。葉は若葉のうちは細かく裂けるが、成木になると卵形になる。したがって1本の木に様々な葉形が見られることがある。雌雄異株であるがまれに同株の場合もある。花期は4~5月頃で尾状の花序を伸ばす。集合花は紫黒色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『常陸風土記』、『万葉集』、『今昔物語』、『平家物語』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『一茶句集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 246 「木耳」