←トップ頁へ

和名jp ヤエヤマネコノチチ
下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 八重山猫乳
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、八重山諸島に見られるネコノチチの意から。
属名は、Rhamnus(=クロウメモドキ属)の縮小形~。
種小名は「イソノキ属に似た」の意。
変種名は「不等辺の」の意。
学名sn Rhamnella fraguloides var. inaequilatera
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:筑波実験植物園→
西名es
葡名pt
漢名ch 猫乳
植物分類 クロウメモドキ科ネコノチチ属
園芸分類 落葉低木
用途use フタオチョウの食草
原産地
distribution
日本:奄美大島~沖縄
花言葉
解説
description
ヤエヤマネコノチチは、クロウメモドキ科の落葉樹である。本種は、概して原産地の項に記した地の石灰岩地帯に自生する樹木である。樹高は10m前後程度となる。葉は、長さ7~11㎝程度の長楕円形~狭長楕円形で、縁部では緩やかな波を打ち、先端部は尖り、基部では不対象の形状を見せ、1~1.5㎝程度の葉柄に連なり枝に互生する。5~6月頃、葉腋から集散花序を出し、径3.5㎜程度で淡黄緑色の小花を多数つける。花後には5㎜程度で横赤色の核果を秋に黒熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考