←トップ頁へ

検索名 ヤエヤマコクタン(八重山黒檀)
和名 リュウキュウコクタン
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑ 
撮影:GKZ/沖縄県庁前↓
漢字表記 琉球黒檀
別名・異名 ヤエヤマコクタン(八重山黒檀)
古名 撮影地:神代植物公園→
語源 和名は、産地名から。つまり琉球列島に産するコクタンの意。/属名はギリシャ語のDios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食べ物」の意となる。/種小名は「鉄の」の意。
学名 Diospyros ferrea Var. buxifolia
英名 Philippine ebony persimmon
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 象牙樹,烏皮石柃,鐵柿,琉球黑檀
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 常緑中高木
用途 庭木/用材(本黒檀の一種であるため、様々な用途に用いられるが沖縄の人々は、特に琉球三味線の棹に用いる。)
原産地 琉球列島以南~熱帯アジア
花言葉
解説 リュウキュウコクタンは、カキノキ科の常緑樹である。葉は倒卵腋で、長さ5㎝前後。果実は黄熟し、楕円形で、長さ8~15㎜程度。材はとても硬く、芯材は黒光りがしてとても美しい。所謂本黒檀の一種であり、珍重される材である。
履歴
県花・国花 沖縄県:豊見城市花・与那原町木・南風原町木・中城村木・具志頭村木・宜野湾市・北中城村木・大里村木
古典1
古典2
季語
備考